SUGITA MUSIC OFFICE THE BEATRUSH

バンド紹介



SUGITA MUSIC OFFICE


完全ビートルズコピーバンド
THE BEAT★RUSH(ザ・ビートラッシュ)
プロフィール


「ビートルズのライブはこんなふうだった!」
究極のこだわりを持った4人が、ビートルズのサウンドとパフォーマンスを完全再現!

メンバーはそれぞれ別のビートルズコピーバンドで高い実績を積んできた。
首都圏をメインに全国規模で活動を展開。

元は「ジ・アスプレイズ」として2005年にスタート。

2008年には、ビートルズのふるさと、イギリス・リバプールで行われた
「インターナショナル・ビートルウィーク」 に、日本代表として参加。

世界中のビートルズファンが“インターナショナル・ビートルウィーク;
を論評するサイト「TheWord Is Love」で、アスプレイズの「Cry for aShadow」が3位を獲得。
さらに、ジ、アスプレイズのリンゴ・スター「あんちゃん・☆」が「ベストドラマー」3位を獲得。

同、2008年には単独でイギリス・ロンドン公演も成功させている。

2009年「インターナショナル・ビートルウィーク」に2年連続で参加。

2008年の演奏実績が評価され、2009年は特別に選ばれた13バンドだけが演奏できるメイン会場での演奏や、更にはたった7バンドしか演奏することのできない、数万人の観客動員を誇る野外ステージでの演奏も大成功をおさめる。

*注1 「インターナショナル・ビートルウィーク」=毎年、
世界各国から集まった約100バンドが参加するという、大きなイベント。

世界中のビートルズコピーバンドがリバプールに集まり、街中のライブハウスやホール等で演奏するイベント。
毎年このイベントを楽しむ為に世界中から30万人以上のビートルズファンが押し寄せる。
このイベントで演奏するには、事前に厳しい審査があります。

2009年、ビートルウィークでの活躍によりアメリカの航空会社
「AMERICANWAY」(アメリカン・ウェイ)より取材を受ける。
2010年1月、同航空会社の機内誌に5ページに渡り大きく取り上げられる。

更にはアメリカ製作のビートルズ・トリビュート・バンドを追っかけた映画
「COME TOGETHER」にビートルズトリビュート世界最高峰のFABFOUR、
1964TRIBUTE、AMERICAN INGLISHと共に共演している。
ジ・アスプレイズは足掛け2年のビートルウィーク中にこの映画撮影の為のロケを行っている。
この映画の撮影は日本でも行われた。
映画COME TOGETHERは2011年全米公開。

こうして多くの人に知られる事となる。

「ジ・アスプレイズ」としての活躍が世界中に知れ渡る事になった結果、
イギリス、ロンドンにある「アスプレイ宝石店」より著作権の侵害との報告が入る。
「アスプレイ宝石店」から今後のバンド活動について大きく制限をさせられる契約書に
サインをさせられる結果となってしまった。(名前の登録商標など)

そう、「ジ・アスプレイズ」の名前の由来は、ビートルズの第二作目の映画「HELP!」の中で、
抜けなくなったリンゴ・スターの指輪をはずしてもらう為に入った宝石店が「ASPREY」(アスプレイ)です。

現在もロンドンに実在し、「英国皇室御用達」としてイギリスでは有名なジュエリーショップ


世界中にその名を知られた事により、バンド名を変えなくてはならないという
皮肉な結果になってしまったのと同時に、ジョージ役の交代も重なり「ビート★ラッシュ」と改名。


  *ジ・ビート★ラッシュのこだわり*
ビートルズの曲をただ演奏するだけではなく、ビートルズ本人が着ていた衣装をそっくり
再現したフルオーダー衣装(タイトなスーツなど多数)からセンターシームのブーツ、
髪型にいたるまで深く追求し、楽器もビートルズが使っていたものと同じビンテージ楽器を使用。
ギターの弾き方、ドラムの叩き方、本人のクセまでをも忠実に再現する「見せるバンド」です。
オーディエンスに「ビートルズを疑似体験してもらう」事をポリシーに活動しています。
ポールマッカトニー役「菊池優希」は、本人と同じく、ベースギターを左手で演奏します。
ステージ上の姿もビートルズとそっくりです。


メンバー ジョン・レノン役(サイドギター・ピアノ・ボーカル) レニー

     ジョージ・ハリスン役(リードギター・ピアノ・ボーカル) MaLL

     ポール・マッカートニー役(ベースギター・ピアノ・ボーカル YuKi

          リンゴ・スター役    (ドラム・ボーカル)  あんちゃん・☆ 



現在、日本だけでもビートルズのコピーバンドが2000バンド以上あると言われています)
その中の頂点に達してます。現在国内はもちろんアメリカ及びイギリスなどの海外より
お声をかけて頂き、海外でも演奏を勢力てきにおこなってます。
THE BEAT☆RUSH

日本タレント名鑑参照